おすすめ投稿

症状を診るのではなく患者さんを診る

今回は、いけだ鍼灸整骨院に来院される方一人一人に対してどういう心持ちでいるかを紹介させていただきます。
来院される患者さんはさまざまな症状を抱えて来院されます。
その訴える症状に対して、症状を診るのではなく患者さんを診るとはどういうことでしょうか?

続きを読む

熱中症に注意!でもどうすればいいの?

7月に入り梅雨が明けて厳しい暑い日が続きよく耳にするようになった熱中症。
なんとなく知っているけれど、どうゆう症状でなってしまった時の対処法はご存知ですか?

Q.熱中症って何?
暑熱環境での以下の症状が診られほかの原因がないものを熱中症といいます。
・めまい
・立ちくらみ
・こむら返り(足や腕などをつってしまう)
・頭痛
・嘔吐
・虚脱感(力が入らない等)
・怠惰感(だるさ等)
・意識障害
・足元のふらつき
・痙攣(けいれん)
・高体温

Q.熱中症と熱射病の違いって何?
熱中症とは以下のものを含めた総称になります。
・熱けいれん
・熱失神
・熱疲労
・熱射病
の4つに分類されます。
熱射病とは熱中症の分類の一つ。
色分けは重症度を示しており、青はⅠ度、オレンジはⅡ度、赤はⅢ度で数字が大きくなるほど重度になります。
重度のものになると体温が高温になり過ぎたためにおこる多臓器不全で命の危険にかかわることもあります。

Q.熱中症になってしまったら
軽度のものは”涼しい場所”で濡れタオルなどで”脇や首、太ももの付け根を冷やし”
”スポーツドリンク”などで水分補給をしましょう。
①木陰など直接日の当たらない風通しの良い場所へ
②大きな血管の通る場所を冷やしましょう
③水やお茶ではなくスポーツドリンク
汗には水分と塩分のナトリウム等のミネラルが含まれているため失った分補給しなければいけません。スポーツドリンクにはそのミネラルが含まれているため水やお茶よりも最適です。

Q.熱中症にならないためには?
お出かけの際は帽子や日傘などで直射日光を避けましょう。
睡眠や食事はしっかりととり、こまめに水分補給しましょう。
補給のタイミングはのどが乾いてからでは遅いです。。なので野外で活動するときは15分や30分など時間で区切りをつけるなど工夫して水分をとるようにしましょう。